Tarotタロット

タロットの起源にはさまざまな説がありますが、実際にはよくわかっていないそうです。

占いとしてポピュラーになったのは19 世紀後半からで、オカルティズム、神秘主義、カバラ、魔術などと結びつき、その後1970 年代からニューエイジの波に乗って、タロットは世界中に知られるようになりました。

子どもの頃、未来がズバリとわかるという「タロット占い」に憧れていました。
私の中では「ジプシー占い」「水晶玉」「魔術」などがごちゃ混ぜになり、興味はあるけれど怖くて近づけない禁断の領域だったことを覚えています。実際にタロットを手に取ったのは、ずいぶん大人になってから。

タロットが運んで来るメッセージは「心を映す鏡」を突きつけるようなところがあります。それがタロットの「視点」と「話し方」だと理解できると、賢い相談相手であるタロットと親しくなっていけるようです。

Atelier Hedgehog では、主に2 種類のカードを使っています。

マルセイユ版タロット

17世紀後半にフランスで広まったタロット、絵柄が素朴で独特の力強さを持っています。

数多くの象徴が隠されていて、古代の秘儀の香りが漂います。
問題(質問)がはっきりしているとき、一刀両断的な答えを得られるようです。

OSHO 禅タロット

インドの神秘家OSHO(Bhagwan Shree Rajneesh)の禅の思想から作られたタロットです。

伝統的なタロットより1 枚多い79 枚で構成されています。タロット的な使い方はもちろん、自己探求や瞑想のためのツールとしても優れています。

美しく強烈な絵柄は、とても印象的です。

タロット入門講座sita_arrow

タロットに触れるのが初めての方でも楽しく学べる講座です。

カードのエネルギーを体感し、複数枚のリーディングができるようになります。

随時開講しています。

Price

120min × 3回¥15,000-

ご予約・お問い合わせはこちら

Contact
TOP